免疫力UPへ【冷えとりのローリング法❗️】

実は冬よりも事態は深刻⁉️

夏は、冬よりも冷房や冷たい飲み物などで、体が冷えやすく体調にも影響しやすい季節です。

冷えは、「万病のもと」と、昔から言われている様に、冷えによる血行不良が原因で、慢性的な肩こり腰痛などの痛みになったり、冷えが進んで全身の血行が悪くなると脳に必要な酸素が不足して頭痛になることがあります。また、足が冷えていることからの不眠や寝不足、血の巡りが悪くなっていることで水分の巡りも悪くなりむくみとなって現れたりと、冷えは、様々な不調の原因となり辛い症状や病気に繋がっていきます。

 

当院では、全身をローリングすることで、血液循環を良くし、自律神経を整え、冷え性の改善のお手伝いをしています。近年は、お風呂につからずシャワーのみの方も増えていますが、最強の冷えとりといえばΓお風呂」。ころころ整院では、プラスして毎日のお風呂に入ることをお勧めしています。

ローリング療法では

冷え症状に対応した部位に発生したしこり(*1)をとっていく事で、どの関節が、どの筋肉が正常に動いていないのか、どの部分に発生したしこりが邪魔をしているのかを正確に見つけ出し、除去することで血流を良くし、自律神経を整え、冷え症状に伴う不調を改善に導いています。

(※1)しこりとは。。ローリング器で人体をくまなくローリングすると、体中にたくさんのしこりを見つけることができます。しこりの形状は実に多種多様で、肩こりのコリのような分かりやすいものから、体の奥深くの筋肉にできているもの、皮膚表面、関節の隙間、耳たぶ、指先にできるものなど実にさまざまです。特に、皮膚表面や耳たぶ、指先などのしこりは、ローリングをしてみないと発見が難しいほど細かいものなのです。しこりのできる原因は、ストレスで身体にいつも余計な力を入れている為に筋肉が慢性的に疲労している為や、内臓病変の反射、怪我の後遺症、疲労、スポーツ後の筋肉痛の放置等、いくらでもあるでしょう。できたしこりは自然に回復してくれるものもありますが、いつまでも身体に存在すると、色々な症状の原因になります。

 

初めてローリング療法を受けられる方の大半に、くすぐったさが見受けられます。このくすぐったさを感じる部分は、体の中でも特に血液循環の悪い部分です。大抵は1~2回の治療でこのくすぐったさは消失します。

 

ローリング療法では、痛みを感じる部分より、くすぐったく感じる部分の方がより血行が悪いと判断されます。その証拠に、治療をしてくすぐったさが消えると、徐々に軽い痛みを感じるようになります。これはくすぐったさが取れたことで、一段階、血液循環が改善されたことを意味します。↓↓

免疫力UPへ【くすぐったい😚】は、身体のSOS😱

自覚症状のない冷えにご用心

冷えを感じる部位は1位は、『足先』2位は、『手先』と言われています。冷えを感じていない方でも次の様な事が当てはまる場合は感じない冷えがあるので、手足の指のローリングをしましょう

 

  • ・暖房の部屋に入ると具合が悪くなる
  • ・冷房が苦手
  • ・熱い麺類や汁物を食べると鼻水がでる
  • ・のぼせやすい
  • ・暑がり(裸足でいる方が気持ちよい、布団から足を出して寝る)
  • ・直射日光が苦手
  • ・熱い風呂が好き
  • ・寒がり、汗が出ない人

 

器具は、指間ローラーを使用します(ビューティローリング器でも可能です)
手・足の指をまんべんなくローリングし、特に爪の生え際、コリコリしたしこりのある所、痛く感じる所がポイントです。
我慢できる強さで10~20 回ローリングします

足の指をローリングする場合、できればシルクの五本指靴下等をはいてローリングする事をおすすめします。

 

蓑原ローリング器 ¥12,000(税抜)

マイナスイオン ビューティー平(平)¥9,000(税抜)

【ローリング器具料金はこちらをご参考ください】

この症状に関する施術記事