JR大井町駅徒歩2分!ローリング療法のころころ整院のブログです

ころころ整院のブログ

免疫力UP・コロナに負けるな❗【太陽光を浴びながらのウォーキングで自律神経の老化を防ごう🍀】

感染拡大がまだまだ続いている中、睡眠が浅くなっていませんか?

昨年末、テレビ・ラジオのコメンテーターなど様々な分野で活躍されている精神科医 名越康文先生の「怒りのコントロール」と「自律神経の老化防止」についての講演を拝聴させて頂きました。
「怒り」については、2019/12月のブログに掲載しましたが、今回は、自律神経の老化を防ぎ、深い眠りで免疫力アップ!のお話しを・・・😊

自律神経の老化は、一体何歳くらいから始まるのでしょうか?

 

  なんと‼️

  • 男性は・・・30代前から
  • 女性は・・・40代前後から

 

自律神経(副交感神経)の老化が始まると、眠りが浅くなりリラックス出来にくくなってきます。特に運動不足の人は、40才前後から副交換神経のパワーが落ち、睡眠の質が悪くなるだけでなく、イライラ💢し易くなるそうです。
老化が始まり、快眠ホルモンと言われる「メラトニン」の分泌が減ることで、抗酸化作用も減り病気のリスクが高まり、眠りも浅くなってくるのです。

メラトニンとは・・・

  • ・成長ホルモンの分泌を促す
  • ・「夜」が来たことを身体に伝える
  • ・良質な睡眠をもたらす
  • ・免疫力を高める
  • ・坑酸化作用で若返りを促す

自律神経の「老化」を防ぐには?

朝起きて太陽の光を浴びる事で、セロトニンという脳内物質が分泌されます。その後、14~15時間経ってからメラトニンの分泌が始まり、2~3時間後にピークを迎えます。
太陽光を昼過ぎてから浴びてしまうと、睡眠を促すメラトニンの分泌が始まるのも遅くなってしまい、「朝起きて 夜眠る」というサイクルが壊れてしまうので、セロトニンは、午前中に分泌させた方が良いと言われています。

つまり、深い眠りを促す為には、太陽光を浴びながら、朝〜午前中に30分程度の軽い運動を心掛けることで、自律神経(副交感神経)の老化をゆるやかにして、質の良い睡眠を得ることができるようになるのです。
また、メラトニンは体に「夜」が来たことを伝えるホルモンである為、深い眠りに加え、免疫力を高める効果や成長ホルモンの分泌までも促す働きがあるのです。更に、その抗酸化作用は最強とされ、ビタミンCやビタミンEを上回るとも言わています。美と健康をも作ってくれるアンチエイジング効果もあります‼️

 

近年は加齢により眠れないと睡眠薬を服用される方も増えており、高齢者の睡眠薬による健康影響についても懸念されています。高齢者の転倒・転落による死亡者数は、なんと交通事故の2倍にもなります。死亡とまではいかなくても、骨折入院寝たきりまで入れると、この比ではないでしょう。その多くは高齢者の睡眠と大きく関わっているのかもしれません😖

自粛時に出来る身体のリズム作り

今この自粛の時こそ、身体のリズム作りに取り組んでみてはいかがでしょうか💪

 

①バランス良い食事(夕食は内臓に負担にならないくらいの量で)

②太陽光を浴びながら、午前中に30分程度の軽い運動(人混みを避けて)

③セルフケアローリング

 

深い睡眠がとれるようになることで、肩こり・首こり・免疫力アップ・体質改善・うつ症状改善にも繋がります。

また、ローリングは血液だけでなく、体にある水分(細胞内液や組織液など)体液も一緒に動かす事によって、免役力アップ・体質改善・不眠・アンチエイジング効果のお手伝いをすることができますので、色々な事情で運動が難しい方は、是非お電話またはラインにてご相談ください❗️
お待ちしております😊

⚠️(注) メラトニンは明るい光によってホルモンの分泌が止まってしまいます。朝、太陽の光を浴びることで、メラトニンがストップするのは「目が覚める」という意味でいいのですが、夜、スマホやPCなどのブルーライトをずっと見ていると、睡眠に悪影響を及ぼしてしまいます。良質の睡眠をとる為には、就寝の2時間前くらいには、スマホなどは見ないようにして、ベッドから遠ざけることをお薦めします😊

 

(追記)
人混みを避けながら、小学生の子供達と朝のウォーキングを始めた前と後では、自粛などによるストレスが変わってきたようです。朝の30分〜1時間程度ですが、自ら勉強するようになり、親子共々イライラが軽減しています。
まだまだ不安な日々は続きますが、色々と気を付けつつ、上手な時間の使い方をしながら乗り越えていきたいと思っています❗️

新型コロナウイルスで戦う全ての人々をリスペクトします👏