JR大井町駅徒歩2分!ローリング療法のころころ整院のブログです

ころころ整院のブログ

【好転反応】経験ありますか❓

今まで、こんな経験されたことあますか?

普段、運動をあまりしない方が急に運動を始めると、体内で急激な変化が生じ、翌日などに、ひどい筋肉痛が起こったり疲れたりすることがあります。

 

同じような現象で、ローリング療法を行う事で、筋、筋膜を少し傷つけ、その修復を利用して、それまで滞っていた血流がスムーズに流れるようになる為に必然的に起こるものがあります。それが【好転反応】です。

 

【反応が起こりやすい人】

人は、疲れやストレス・不規則な食生活、睡眠・運動不足等で血流が滞り、身体にしこりが発生し、血流を滞らせて、肩こり・腰痛・ストレス・不眠等あらゆる不快症状を引き起こします。

 

一時的な疲労であれば、生活習慣の見直し。充分な睡眠。適度な運動、温泉など、身体にストレスをかけないよう日々の心掛けでもしこりの発生を防ぐことはできますが、連日のハードワーク、心身共のストレス等が長期間続いてしまうと、発生したしこりも慢性化し、徐々に自力では解毒・排泄出来なくなります。

 

ローリング療法では、長期間滞っていた毛細血管を一気に開くことで、血流がスムーズに流れ、解毒、排泄がされていきますが、慢性疲労をお持ちの方ほど、より一層反応が出やすくなります。

 

イメージとしては、汚れた洗濯物を洗濯すると、その汚れを落とすことで、どうしても水が濁って汚れてしまうように。。身体の汚れ(しこり、うっ血、りゃく感)を落とすために反応がおきます。

 

この反応は、異常体から健康な状態へ体を作り変えるときには、避けて通れないものではありますが、注射や薬による副作用とは 全く意味が違い、症状を改善するために起きるものです。 言い換えれば、病気を改善していく一過程なので、全く心配はありません。

もし、以下の反応がおきたときでも、ご心配なさらずにつまった汚れをスムーズにする健康体への第一歩と考えていただけたらと存じます。

反応がおきると一体どうなる?

✅ 内出血を起こすことがあります。これは余分に増殖した毛細血管が壊れた時に時々おこります。

✅ 食欲が出すぎたり、下痢、便秘になる事があります。これは、ローリングする事で内臓の反射区を刺激して胃腸の働きが盛んになる為におこります。

✅ 運動した後の様な疲れや眠さが起こることがあります。これは、全身の血液を始めとする体液の流れが良くなり、又、筋肉が動きやすくなった為に、疲労感、眠気を感じるようになります。

他にもこんな反応症状が出ることもあります 

✅ 体がだるくなる。
✅ 微熱が出る。
✅ 眠りすぎるくらいよく眠る。
✅ 痛みが一時的に増す。
✅ 吐き気がする。
✅ かゆみが出る。

 

※ これらは、二つ以上が重複する事もあります。反応の速い人は、その日のうちに起き、ほとんどが、数日以内に落ちつきます。

反応の特徴・・・

反応の早い人はその日のうちに。遅い人でも約1週間後に実感するでしょう。

 

ほとんどが、1日か2日でおさまりますが、反応症状が三日以上続くときは、他の病気もかんがえられますので、このような場合は、担当の先生にご相談ください。

 

また、痛みが強く出た場合も、まず安静にして当院にご相談下さい。体がだるい、 眠くなる等の反応が出た場合、その反応に逆らわずよく眠ると回復は早まります。食欲が出すぎる場合は、食べ過ぎないよう十分注意して下さい。水分を多めに摂ることをおすすめします。

 

ローリング施術の反応には個人差があり、いくら軽くローリングしても反応が強く出すぎる方や、または逆に比較的強度のローリング治療を行わないと効果を感じられない方もいらっしゃいます。

 

ローリング後の反応については、小さな事でも担当の先生に詳しく伝えていただければ、担当の先生は、反応の出方によって、次回以降のローリングを考えています。

ローリング療法の効果について

ローリング療法では、皆様ご承知の通り全身を施術します。
基本的には 、速効性のある施術法で、その場で痛みが消えたり、身体が楽になるので、ローリング療法の即効性が感じられる瞬間でもあると思います。ただし、効果の出方には、個人差があり、2~3日経過してから症状の改善がみられることも多々あります。

 

定期的な体のメンテナンスを行うことで、ローリングでいう虚弱体、異常体の方の好転反応の発症も起こさなくなってきます。

 

皆さんご自身の体へ意識を向け、疲労を慢性化させないよう健康な日々を過ごしてください😊